So-net無料ブログ作成
検索選択

「バケツ稲」も、なかなか大変。 [ベランダ生活/稲の栽培]

ine00TOP.jpg
さて、会社のベランダで育てている「バケツ稲」。
結局、前回のバケツ稲の記事から2ヶ月も経ってしまいました。
(なかなかリアルタイムでの報告ができないなあ…。)(-。-;) 

まあ、なんとか無事には育っているのですが…。






「分げつ」

「バケツ稲づくりマニュアル」より

1.最初の分げつ
5枚目の葉が出ると同時に、2枚目の葉のつけ根が分かれ、
そこから葉が出てきます。これが最初の分げつです。

2.茎がふえる
稲はどんどん分げつして、茎をふやしていきます。



5月17日の記事では、田植えが終わったところまで
でしたので、その続きから…。

5月27日(水)
ine090527.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
6月5日(金)
ine090605.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
6月10日(水)
ine090610.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
6月12日(金)
ine090612.jpg

…と、ここまででお気づきのように
何故か、左側の鉢だけ成長が遅い…。

どちらも同じ、昨年収穫した種もみから育てた苗。
日照や気温などの条件も、当然同じはず。
なのに、なぜこんなに明らかに違いが出るんだ?

違うとすると…
かなあ…?

右側の鉢は、昨年使った土を再利用した土
(残った根などを取り除くのに苦労しましたが…)
左側の鉢は、新しく購入した土を使っています。

土そのものは、昨年と同じものを購入したのですが
(ちなみに「水生植物用の土」として売ってたものです)
左側の鉢は、昨年と比べても成長が遅いような…。

そういえば、左側の鉢は、
いつまでたっても水のにごりもとれないし…。

ちょっと土を触ってみると、右側の鉢の土は泥状になってるのに対し
左側の鉢の土は、大きな土の固まりが多い…。
これが原因かな? 

右側の鉢の土は、時間をかけて古い根などを取り除くことで
結果的によく耕されていたということなのかも。

慌てて、左側の鉢に手を突っ込み、届く範囲で土をほぐしてみましたが
こんな対処で効果はあるのか?
(しかも、おかげで「仕事中」なのに手が泥だらけ…。)(^_^;)


shingata-yajirusi-dai.jpg
6月19日(金)
ine090619.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
6月26日(金)
ine090626.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
7月3日(金)
ine090703.jpg

shingata-yajirusi-dai.jpg
7月10日(金)
ine090710.jpg

…なんとか、左右の鉢の成長差も少なくなってきた気がしますが、
今度は、左の鉢に大量のウキクサが発生…。

取っても取ってもきりがない…。

しかも左の鉢は、未だに水がにごったままだし。

shingata-yajirusi-dai.jpg
6月14日(火)
ine090714.jpg
ine090714-3.jpgine090714-2.jpg

左の鉢のウキクサに手を焼いていたら
右の鉢では、水中にたくさんの雑草(?)が発生してました。

どちらも、手で取り除いていくしかないのですが
やはり、取っても取っても生えてくるし…(-。-;)


shingata-yajirusi-dai.jpg
7月17日(金)
ine090717.jpg

…というところで、現在に至るわけですが、
やっぱり、なんとなく昨年より成長が遅いような気がしますね…。

で、昨年はどうだったかなあ、と
昨年の同じ頃の記事を見てみたら…

ああっ! また「中ぼし」を忘れてた!


「中ぼし」

「バケツ稲づくりマニュアル」より

1.中ぼしをする
稲の茎数が15本程度に増えるか、草丈が40〜50cmになったら、
いったん水をぬき、土の表面が少しかわくくらいまでおきます。

2.水を入れる
天気や気温によっても違いますが、2日ほど中ぼしをしたら、
ふたたびバケツに水を満たします。(後略)


バケツ稲ネットワーク「相談室」より

Q 稲が大きくなった後でも、中干しをしてもいいの?
稲の背丈(せたけ)が50cm~60cmであれば、
 梅雨の晴れ間を見通して、中干(なかぼ)しできます。
 しかし、80cmほどであれば、中干しは避けた方が良さそうです。
 梅雨明けを見計らって、晴れ間を探して行って下さい。

Q 中干しは必ずしないといけないの?
田んぼとバケツのちがいから、
 バケツ稲づくりでは中干しは必要ないという参考書もあるようですね。
 中干しは、土をかわかして、土の中にじゅうぶんな酸素(さんそ)をとりこみ、
 しっかり根をはらせて、じょうぶな稲にするために行うもの。
 稲の背丈(せたけ)が40~50cmくらいであれば、
 中干しをしてください。
 70~80cmであればしない方がよいでしょう。



「稲の背丈が80cmほどであれば中ぼしは避けた方が良い」そうなので、
どうやら今年も「中ぼし」のタイミングを逃してしまったようです。
まあ「バケツ稲の場合は中ぼしは必要ではない」という意見も
あるようなので、ま、いいか…。(^_^;)


…結局、昨年の記事と同じ展開ですが、
そういえば昨年は、
7月の3連休明けに出社したら、稲の鉢がすっかり干上がって
結果的に「中ぼし」をしていました

…というオチでしたね。


うーん、連休明けが気になる…。








〈参考リンク〉
JA全中「バケツ稲ネットワーク」
http://www.ja-group.or.jp/baketsuine/


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 5

ゴーパ1号

いよいよ明日は連休明けの出勤日という事ですよね^^
by ゴーパ1号 (2009-07-20 23:15) 

ミモザ

本当に大変なのですね。見ていても伝わってきて
ドキドキしました。
さあ、どうなっていたのでしょうか??
by ミモザ (2009-07-21 16:23) 

水郷楽人

今のところ順調に生育していますね。これからが楽しみですね。
by 水郷楽人 (2009-07-21 17:06) 

ルドブン

連休明けの続報が気になります。
中ぼしですか~、参考になりました。

ウチのバケツ稲のマニュアルにはありませんでしたね、確かに。
伸びがイマイチなので頃合がよければ、やってみようかな。
by ルドブン (2009-07-23 11:03) 

ちゃっぴー

>ゴーパ1号さん
連休明けは、特に何の問題もなく…
今年は「中ぼし」ナシで行くことにしました。

>ミモザさん
ドキドキながらも楽しい、といったところですね。
休み明けも、特に変わりなく今のところ順調…かな。

>水郷楽人さん
ベランダでいちばんまともに育っているのが「稲」というのは
なかなか不思議な感じなのですけどね…。

>ルドブンさん
なるほど、ルドブンさんのところは
また私とは違うマニュアルを使っているのですね。
逆に私の知らない情報がありましたら、ぜひ教えてください…。

>yasu_dosさん、春分さん
ご訪問&「nice!」ありがとうございます!
by ちゃっぴー (2009-07-26 16:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。