So-net無料ブログ作成
検索選択

ジュリアーノのこと [カメとセキセイインコ]

Giuliano00.jpg

飼っているカメのジュリアーノが
ベランダから落下するという事故がありました。

我が家は11階。
人の上に落ちたりしたら大惨事になるところでした。

カメは重傷を負いましたが、奇跡的に回復しつつあります。
ひとまずは安心…。
反省も含め、ことの顛末を記録しておきます。




9月16日(木)

仕事中に娘からメールが。

『マンションのロビーにカメって書いてあるバケツがあって
中を見てみたらジュリに似てて、
ウチのベランダを見てみたらジュリはいない。
どうしたらいい?』


とりあえず娘に電話。
管理人さんに事情を聞いて、
11階で発見されたのなら間違いなくジュリなので
引き取らせてもらうよう伝えました。

しばらくして娘から報告の電話が。

カメは1階で発見されたらしい。
おそらく落ちてきたのではないか、とのこと。
甲羅が割れてるし、かなりケガしてる。
とりあえず引き取ってきて、水槽で様子見てる。
けっこう元気そうに動き回ってはいるけど…。



…え? 落ちた!?



後日、改めて管理人さんから聞いた話によると、
ジュリはマンションの1階を歩いているところを保護されたそうです。
管理人さんは、カメを飼っている家をいくつか知っていたので
わがわざそうした家へ聞きに行ってくれたりしたそうなのですが
カメの飼い主は分かりませんでした。
ただ、長年カメを飼っている家の人が、怪我をしているカメを見て
クスリを塗ってくれたのだとか。
そこで、とりあえずバケツに入れて保護してくれていたところに
ウチの娘が通りかかった、ということのようです。

Giuliano03.jpg

ちなみに、クスリを塗ってくれた方というのは
たまたま娘の友人のお父さんだったらしく、
翌日、ウチの奥さんがお礼をしに行ってくれました。

ここのマンションの人たちは
管理人さんを含め、いい人が多くて良かった…。

私の帰宅は夜遅くなってしまったのですが
帰ってジュリの様子を見てみると、
甲羅は割れ、一部は剥がれたようになって
中の肉が見えてしまっていました。
下側の甲羅にも小さくヒビが入っています。

…これは、放っておいて治るケガじゃないな…。



9月17日(金)

カメを飼い始めた頃から、ネット上などでよく名前は見かけていたのですが
東京都文京区にレプタイルクリニックという
爬虫類専門の病院があります。

翌日、会社から診察予約の電話を入れたのですが
その日は予約がいっぱいで、診察できるのはその次の日になってしまうとのこと。
私は仕事が終わるのが夜遅くなってしまうので
どちらにせよ行けるとすれば次の日の土曜日だったので、それは仕方ないとして、
「11階から落ちたのなら近所の病院で応急処置だけでも
してもらったほうがいい」と言われました。

そのことを伝えると、
とりあえずウチの奥さんが、
仕事のあと近所の動物病院に連れていってくれました。

止血剤の注射を打って、甲羅に軟膏などを塗ってくれたそうですが
やはり爬虫類のことは専門ではないので…とのことでしたが
(いちばん上の写真は、その時にもらったクスリです)



9月18日(土)

ケガはしてるものの昨日までは普通に動き回っていたジュリが
だんだん元気がなくなってきました…。

ネットなどで調べても、
ベランダなどからの落下事故の場合、
元気に見えても中で内蔵を傷めてる場合が多いので
数日後に死んでしまうことが多い、といった記述が多く、かなり心配に…。

とにかく家族そろってレプタイルクリニックまで
ジュリを連れていき診察してもらいました。

しかし、クリニックの先生にも
元気に見えても中で内蔵を傷めてる場合が多く
ベランダの高層階から落ちたら普通は死んでしまう、と言われてしまいました。

実際、レントゲンを撮ってもらったところ、
肺などから出血があり、よく見るとクチからも血が出ていましたし…。

小さいカメは外科手術をしようとしても
麻酔などでかえって弱らせてしまうことが多いので、
割れた甲羅を樹脂でふさいで、あとは投薬で様子をみるしかない、
ということだったので、とりあえず入院させて様子をみることに。



そもそもジュリが何故ベランダから落ちたのか?
いちばん反省すべきは、そこでした。

実は、その危険性にはずいぶん前に気づいていたはずなのです。

080630giuli03-e7c09.jpg
ジュリの水槽は、上の写真のような感じだったのですが
今年の6月頃に、この水槽が…

Giuliano01.jpg
こんな状態になっていました。

「亀エリア」とは柵で仕切ってあった「植物エリア」の水草が
すっかりなくなって、水は泥でにごっています。

ジュリは普通に「亀エリア」にいましたが
これはどうやらジュリが柵を越えて「植物エリア」へ行ったのではないか?

柵がちよっと広がっているところがあったので
そこを直して、広がらないように針金でちょっと補強しておいたのですが…

Giuliano02.jpg
そして7月頃に現行犯で現場を押さえました。
補強は役に立たなかったようです…。


思い返せば、このカメ・ビオトープを作ったときから
この「柵」の強度は課題だったのですが、
それっきり数年間そのままになっていました。

大きな問題は
「植物エリア」にはプランターがあるので
そこを足がかりにジュリが外へ出てしまう危険性があるということ。
そのリスクに気づいてはいたのです…。

ただ、実際「植物エリア」には入ってきても
ジュリが水槽の外には出なかったこともあって、
忙しさにかまけてちゃんとした対策をしないまま数ヶ月。
その結果が、今回の事故です。

責任は飼い主である私にあります。
とても辛いところです。



9月25日(土)

ジュリの面会にクリニックへ。

そこで出てきたジュリは、またかなり元気に動き回っていました。

「かなり元気になって、エサも食べるし排泄もします。
11階から落ちて回復するケースは少ないのですが、
落ちた場所がたまたま柔らかいところだったのか、
とにかく運が良かったようです。」
と先生。

これで完全に助かったとは言えないけれど
甲羅も(樹脂で)塞いだし、エサも食べられるようになったので
連れて帰っても大丈夫とのこと。
1週間の入院で、ジュリは家に帰ってきました。



そして、これが先週のジュリの様子。
Giuliano.jpg


甲羅の傷をふさいでいる樹脂は
しばらく経つと自然に剥がれてきてしまうそうですが
その頃には甲羅自体がちゃんとつながっているはずだとか。

毎年、寒くなると室内の水槽に戻してましたが
今年はもう室内に置いておきます。
来年の春までにベランダ水槽の「柵」対策を考えなくては…。



さて、ところで…
今回ジュリを病院に連れて行った際、性別を聞かれたのですが、
オスかなあと思って育ててるものの、実はちゃんと分からなかったのです。

で、クリニックを退院する際、先生が
「そういえば、この子はメスでしたよ」
衝撃のひと言を発したのでした…。


え、えええ〜!?


じゃ、「ジュリアー」とかに改名しなくちゃダメかなあ…とか
考えましたが、
もう8年も「ジュリアーノ」で育てちゃったからなあ。
このまま「ジュリアーノ」のままにしておきましょう。
『ベルばら』のオスカルみたいなもの、ということで。(^_^;)
(オスカルのような華やかさや凛々しさとは、対極にあるようなジュリですが…)



今日で退院から2週間、
ジュリもすっかり元気そうで、
毎日「エサくれ! エサくれ!」と暴れています。
(…うーん、コレで女のコなのか、コイツ…)

飼い主として反省すべきことが大きかった今回の事故でしたが
やっとひと安心できた感じです。

nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 9

ゴーパ1号

こんにちは。の、nice!って事で。

それにしてもジュリちゃん、大変だったのですね!
ぞっとしました。
周りの人たちに、感謝ですね。
by ゴーパ1号 (2010-10-09 22:07) 

teppan

ジュリアーノ(ジュリアーナ?)ちゃん、とにかく無事で何よりでしたね!
by teppan (2010-10-10 08:47) 

asahama

びっくりしました。。。お大事に。回復をお祈りします。
以前実家で亀を飼っていたときもよく脱走事件をおこしました。
水かさが増えてしまったり、板が落ちてそれで登ってしまったり。


by asahama (2010-10-10 20:09) 

ぽち

記事を読んでびっくりしました。
ジュリアーノちゃん無事で良かったです。

by ぽち (2010-10-10 20:27) 

pisuke

ジュリちゃん無事でよかったです。
早く甲羅の傷も治ると良いですね。
by pisuke (2010-10-10 21:18) 

朋

はじめまして。ジュリちゃん大丈夫そうで良かったです!
何事も無く回復されますように。
我が家の亀もケガ(水温計をかじって破片が刺さった)でレプタイルクリニックに行ったばかり、11階から落ちたのとは比較になりませんが…
by 朋 (2010-10-10 23:27) 

ちゃっぴー

>ゴーパ1号さん
コメントをいただいていたのに、またまたレスが遅くなってしまい
すみませんでした。
もっと悪い結末になる可能性も高かったので
それを思うと私もぞっとします。
本当に周囲の方々にも感謝です…。

>teppanさん
コメントをいただいていたのに、すっかり放置してしまい
すみませんでした。
本当に無事で良かったです。
名前は「ジュリアーノ」のままにしておきます(^_^;)

>asahamaさん
コメントをいただいていたのに、すっかり放置してしまい
すみませんでした。
高層階のベランダで飼っている以上、
もっと「脱走」には真剣に気をつけるべきでした…。
ジュリは、もうすっかり元気な感じです。

>ぽちさん
コメントをいただいていたのに、すっかり放置してしまい
すみませんでした。
本当に無事でよかったと思います。
もう、すっかり元気になりました。

>pisukeさん
コメントをいただいていたのに、すっかり放置してしまい
すみませんでした。
もうすっかり元気な様子ですが
樹脂でふさいである甲羅の傷はまだ完全に
治ってはいないみたいです。
年内には甲羅の傷もキレイにふさがるといいのですが。

>朋さん
こんにちは。訪問&コメントありがとうございます。
コメントへの返事が遅くなり申し訳ありません。
今回は結果的に無事でしたが、生き物を飼うことの
責任などについて、あれこれ考えさせられました…。
朋さんのお宅のカメも元気になりましたか?

>ほりけんさん
ご訪問&「nice!」ありがとうございます。
by ちゃっぴー (2010-10-31 12:37) 

我が家の亀介が…( ;  ; )

ジュリちゃん、回復して本当に良かったですね!今も元気で、その時よりもっと大きくなっていますか?
我が家では、クサガメの亀介が先日、同じように11階から転落しました。今レプタイルクリニックに入院中ですが、レントゲン写真では内臓部分でかなり出血していて…。外傷はなく、衝撃をすべて体内で受けてしまったようです( ; ; )
面会すると飼い主が来た、と喜んで動いてしまうので、しばらく顔を見せない方がいいです、一週間後に来て下さいと先生から言われました。
回復を祈るのみです。頑張れ亀介!
by 我が家の亀介が…( ; ; ) (2012-04-07 22:29) 

ちゃっぴー

>我が家の亀介が…さん
ウチのジュリと同じような状態なのですね。
我が家のジュリは結果的に
無事回復したので良かったのですが
亀介くん、心配ですね…。
無事に回復されることを祈ります。
by ちゃっぴー (2012-04-08 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。