So-net無料ブログ作成
検索選択
アクアテラリウムと淡水魚水槽 ブログトップ

今年もベビーブーム [アクアテラリウムと淡水魚水槽]

気がついたら、水槽の中に
ミナミヌマエビの稚エビがワラワラと生まれていました。

3ミリくらいの稚エビがチョコマカと
動いているのはすごーく可愛いのですが、
その可愛らしさを写真ではなかなかお伝えできないのが残念…。

続きを読む


水槽のニューフェイス [アクアテラリウムと淡水魚水槽]

ニューフェイスのスジシマドジョウくんです。

睡蓮鉢のオマケでついてきたメダカ。
大型魚のエサ用に売られていたドジョウの「オヤブン」。
釣り餌として「グラム単位」で売られていたミナミヌマエビ。
(あとは、虫カゴに入れられて公園で小学生に飼われてたインコとか…)

そんな諸先輩方と比べて、
ちゃんと熱帯魚店で観賞魚として売られていた彼ら。
(といっても、地方にいけば近くの川などで採れるようですが…)
もう、期待の大型新人ですよ。

続きを読む


エビの好奇心とは? [アクアテラリウムと淡水魚水槽]

北海道のお土産にもらった「マリモ」。
表面が白っぽいコケのようなもので覆われてきたので、
アクアテラリウム水槽に入れてみたのが1ヶ月前。
気がつけばすっかりキレイになっていました。

なるほど、効果があったみたい…。
マリモは、もともと2つあったので、残っていたもうひとつのマリモを
今度は、ミナミヌマエビだけが入っている水槽へ入れてみました。

というわけで、水槽にマリモを入れてみたら
1分も経たないうちに
あちこちからエビが集まってきて、マリモに群がるのでした。


「なんだー? コレ?」「食べられるのー?」「旨いのー?」「オレにも見せてー」

エビは、新しく水槽に入れたものに集まる習性があるそうです。
好奇心旺盛なのでしょうか…? 

でも…その5分後には…。↓

飽きるの早っ!!



アクアテラリウムの、その後の経過ですが… [アクアテラリウムと淡水魚水槽]


前回の更新から1ヶ月…。
このままではズルズルと自然閉鎖してしまいそうなので
頑張って更新します。

続きを読む


アクアテラリウム、やっぱりリセット…。 [アクアテラリウムと淡水魚水槽]

今年の春にちょこっとだけ、このブログでも触れたことのあるアクアテラリウム。
その時にも書いたのですが、
外の睡蓮鉢から水草などを移植したのが悪かったのか、
アオミドロが大量発生して、なんだか非常に見苦しい姿に…。
なんだか泳ぎにくそうなことになっていたので、そこで飼っていたメダカたちは、
夏の間に、ベランダの睡蓮鉢へ移してしまいました。

ちゃんとリセット(水槽内を全部取り出してやり直し)しなくちゃ、と
思い始めて、はや半年…。
先日、新しい水槽を買ったこともあり、この週末、やっと手をつけました。

続きを読む


アクアテラリウム  またリセット? [アクアテラリウムと淡水魚水槽]

せっかくの春だというのに今日も雨。

ベランダのプランターや睡蓮鉢も、
もう少し手を入れたいんだけど、
この天気じゃどうにも気が乗らない…。
冬が寒かったせいかプランターの草花の状態はいまひとつ。
水草を大量に除去してしまったので、
睡蓮鉢もちょっと寂しい。

うーん、なんだか楽しくないなぁ。

室内には、おととしの秋から始めた
アクアテラリウムの水槽があるのだが、こっちも状態が悪い。
水中・水上の両方に伸びるウィローモスという苔を
入れていたのだれど、去年の夏頃に
収集つかないくらいに伸びてしまい、
メダカが泳ぐスペースさえ無くなりそうだったので
秋に1回リセット(水槽内を全部取り出してやり直し)した。

その時、ベランダの睡蓮鉢から
流木や水草を持ってきたのがよくなかったのか
今度はアオミドロが発生してしまった。
モヤ〜っとして、なんとなく見栄えが悪いんだよね。

根本的な解決としては、またリセットするしかないのだけど、
この中に何匹いるのだか分からないくらい増えている
ミナミヌマエビを全部すくってから…ということを
考えると、つい先延ばしに。
(前回のリセットもそれが大変だった。
もういない、と思って水を捨てようとすると、
数ミリくらいの稚エビが、流木の間にも、
水草の間にも、敷き砂の間にも…。)

というワケで、アオミドロを手作業でチマチマと除去。
天気同様、さえない気分のまま、日が暮れる…。

天気が悪いと気分もシャッキリしない。
早く晴れないかなぁ。



アクアテラリウムと淡水魚水槽 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。